車査定で高く売る

車査定を買取業者に依頼して高く売却

車を売却しようとした時の選択肢は、3つの選択肢があります。

 

1.下取り
2.車買取店に売却
3.個人売買

 

それぞれに特徴がありますが、まずはデメリットを知ってください。

 

下取りの場合

下取りは、車を買い替える場合に、現在乗っていた車を買取してもらいます。

どこまでが下取りで、どこまでが車購入の際の値引きかが不透明なケースがほとんどです。

 

ディーラーでは、車買取店に対抗する為に、書面上は下取り額を高く見せかけて、実際は値引き分を少なくするような数字のマジックでわからなくするケースが増えています。

 

車買取店の場合

車買取店はガリバーやアップルなどの大手買取チェーン店から地域に密着した中小買取店があります。

買取した車を自社ネットワークで販売したり、業者オークションで転売します。
下取りよりも高い金額で買取してもらえるのは間違いないですが、地方には知識が少ない方を車の状態に難癖をつけて安く買い取る業者が未だに存在します。
大手中小問わず、複数社に聞くのが良いでしょう

 

 

個人売買

確実ではありませんが、ケースによっては高く売れます。

しかし、書類の準備や間違えたときの手間。
そして、トラブルの多さを考えると手を出す事に躊躇します。
友人間の場合は、特に今までの関係を壊すことになる可能性もあります。

 

 このような、デメリットを中心に記載しましたが、楽観的に考えれば、「どこを選ぶかは高く買取をしてくれるところ」を選ぶのが最善の方法です。

 

まず、下取りと車買取店では、明らかなデーターとして10万円以上高く買取をしてもらえる車買取店を選びます。

 

個人売買と車買取店では、一部の個人売買は高くなりますが、全体的には車買取店の方が高く買取をします。

 

安心面でも、間違いなく車買取店となるでしょう。

 

安心できて高く売れる車一括査定サイトは?
ズバット車買取はこちらからGO

35万円高い査定額を出すテクニック編

高い査定をだしてもらうには、いくつかの方法があります。

 

まず、最初に、査定は必ず一括査定サイトを使うこと

 

これは、複数業者から査定をもらうのですが、あなたが一社一社探していたら、膨大な時間と手間が掛かります。
ですから、その手間を減らすため。
そして、悪徳業者に引っかからないようにする為です。

 

ご存じの通り、悪徳業者は知識が無い事をいいことに、難癖を付けてきます。

 

しかし、一括査定業者は、当サイトで下記に紹介していますが、全て上場企業が運営しています。
そういった悪徳業者が加盟出来ないように運営会社が正しく審査して参加しています。
ですから、安心してご利用できるのです。

 

 

 

2番目に、一括査定会社は複数使います。

一括査定サイトは無料でご利用出来ますから、複数使っても費用は掛かりません

 

そして、複数使う理由として、

 

1.単純に数が増えれば、高い金額が出る可能性が高まります。
一括査定サイトひとつに付き、最大8~10社から査定をもらえます。
その中でも、地域によっては3社くらいしか出ないケースもあります。
ですから、可能性を高めるために、多く査定を取るのが一番です。

 

2.談合を無くす
談合と言えば大げさですが、ひとつの一括査定サイトはいつも同じメンバー同士で競合しています。
ひとつの地域で10社の買取店が、いつも同じメンバーだと、手の内がわかってしまいますし、競り合いになりづらい傾向になってきます。
そうすると、買取価格も頭打ちになりますので、最低2サイト、出来れば4サイトを使うのが良いでしょう。

 

こういった理由で複数の一括査定サイトを使うメリットがあります。

 

 

 

下記に、高価査定の出るサイトを掲載しています。
 効率の良い方法としては

 

人口100万人以上の地域または30km圏内にそういった都市があるのであれば、かんたん査定→カーセンサー→ズバット→カービューの順番がオススメです。
また、上記に当てはまらない場合は、かんたん査定→カービュー→ズバット→カーセンサーがオススメの順番となります。

 

とにかく、最高額を目指すのであれば、面倒でも全部使ってください。
全部使っても20分は掛からないです。
最初の1つに時間が掛かっても、2サイト目や3サイト目と徐々に慣れて来ます。

 

これだけの手間で、30万以上高く買取をしてもらった人は数えきれないほどいます。

 

さあ、車検証を用意して走行距離をメモしに行きましょう。
用意するのは、これだけで、夢の最高額買取が実現出来るのです。


高額査定が出る査定サイト

 

 

 ズバット車買取比較 

比較サイトとして老舗であるウェブクルーが運営するズバット車買取比較です。

比較サイトとして歴史が古いのと、独自のズバットネットワークを生かした独自性の高い買取店のラインナップが魅力です。

 

最大10社に120社以上の加盟店から一括査定の依頼を行えます。
他にはズバットIDを取得すれば、車査定だけではなく様々なサービスを利用できるのが魅力です。

 

 

 かんたん車査定 

上場企業のエイチームが運営する査定サイトです。

最大10社から査定がもらえます。
入力は非常に簡単で、ホームページには32秒と記載されていますが、倍の時間でも1分ですから、手間が掛からず入力が苦手人にも簡単です。
肝心の査定ですがホームページのアニメーションに出ているようなセルシオで60万アップも可能でしょう。

 

査定に参加している会社は、日本自動車流通研究会に加盟している会社のみで安心して依頼できます。
ガリバーやアップル、カーセブンなど大手からの査定をもらえます。

 

また、査定終了後にもマイページでいつでも査定金額の変動をチェックできます。

 

 カーセンサー 

リクルートが運営する車のポータルサイトです。

車査定だけではなく、様々な情報を発信していますし、雑誌でも知名度が高いですね。

 

カーセンサーは出てきた業者を自分で選べるシステムになっています。
かんたん査定やズバットとは違う仕組みになっています。

 

また、出てきた業者に対してメールでの対応依頼も出来ます。
色々な意味での安心感はずば抜けているサイトです。

 

 

 カービュー 

車の一括査定を最初に始めたサイトがカービューです。

過去の利用者の一番多く、参加業者も専門性が高い特色ある業者が多いのが特徴です。

 

他サイトと比較して最大8社と少なくなっています。
また、入力項目も多いのですが、その分実際の査定金額にズレが少なく、信頼性が高くなっています。

 

 

新しい車を買う場合

車査定を受けて乗っている車を売却するパターンとしてはいろいろありますが、特に多いのが新しい車を購入して乗っている車が不要になった場合で、タイミングとしては車検が切れるあたりで売買取引をする人が多く、売却するのも購入するのも滞りなく取引を進めたいものです。

 

新しい車を購入する際に乗っている車は買うところに下取りというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、下取りで売却しないといけないというルールはもちろんなく、下取りよりも車買い取り業者に引き取りしてもらう方が高値の金額で取引をすることができます。

 

ただし、新しい車を購入するところに車査定を受けて売却しない場合は購入と売却のタイミングを合わせる必要があり、購入よりも売却が早くなってしまうと乗る車が一時的に無くなってしまい、反対に購入よりも売却が遅くなってしまうと一時的に車を二台抱えてしまうことになります。

 

また、春先が車の買い替えシーズンとして多いことから3~4月頃に新しい車を納車して乗っている車を手放すという人もいると思いますが、自動車税に対しての知識をきちんと持っていないと二台分の自動車税を支払ってしまうような流れになってしまう場合があるので注意が必要です。

 

中古車の取引は安く購入できて高値で売却することができるという魅力がありますが、その一方でトラブルになりやすいというデメリットもあるので、取引については十分に注意をしてトラブルリスクを低減させることが大切です。


日頃の生活に欠かせないのが車ですが、早い速度で遠方まで移動することができることや荷物をたくさん搭載することが可能で、中古車市場についても昔より活発化していることから安く車体を入手できるようになり、利便性や機能性だけでなくさまざまな車を楽しむという目的の人もいます。

 

車には軽自動車から普通自動車、国産車から輸入車などいろいろな種類があり、それぞれにカテゴライズされる車種にも数多くありますが、いずれも新車だと同じくらいの金額で販売されているものの、中古車になると途端に金額にバラつきが出るようになり、同じような時期に製造された同車種の車においても価値が変わるようなことは珍しくありません。

 

乗っている車を手放そうとする際に廃車を検討しているという人も中にはいるかもしれませんが、自分では廃車にするくらいしかないと思っている車であっても意外と需要はあるもので、特に日本で販売されている車については海外での人気も非常に高いため廃車寸前でも輸入業者に販売することで高値取引が可能なこともあります。

 

いずれにしても最初は車査定を受けてから売却を検討することをおすすめしますが、車査定をすることで自分が乗っている車をどれくらいの金額で手放すことができるかというのが分かります。

 

ちなみにインターネット上には複数の車買い取り業者から一括で査定を受けられるようなサイトも用意されており、これを利用することによってリアルタイムで複数の業者から車査定を受けることができるため、少ない時間で多くの候補を立てることができるのも魅力的となっています。

 

しかしながら中古車の取引は新車の場合と違って細かい査定などは査定士の判断などに左右されることになるため、依頼主と査定士の間で査定に対する違いがあると大きなトラブルに発展してしまう可能性もあります。

 

少しでもトラブルを回避するためには正しい知識を持って車売買取引の望むことが大切で、車査定の仕組みを知ってスムーズな取引ができるようにしましょう。